ご存知でしたか?

  • アライグマ
  • ハクビシン
  • コウモリ
  • イタチ

こうした野生動物の捕獲には有害鳥獣捕獲許可証が必要です!!

また、こういう被害も・・・

  1. 噛み付き、引っかきなどの危害
  2. 感染症リスク

こうしたお悩み、ご相談は我々「害獣ブロック」にお任せ下さい!

  • お問い合わせ
  • お電話
  1. 全国対応
  2. 専門業者が対応
  3. 相談無料

車イメージ

現場からのレポート

対策の基本手順

調査

追い出し

予防

清掃

害獣ブロックが得意な害獣

ハクビシン

ハクビシンの特徴 食肉目ジャコウネコ科に属するハクビシン(白鼻芯)は、顔から鼻にかけ細くて白い線があるのが特徴です。全身(頭から尻尾まで)は約100cmあり、そのうち尻尾の部分が約40cmと長い。食性は多様だが、果物などの甘い物を特に好む。夜行性で、運動能力が高い。特に木登りや綱渡りが得意なので、天井裏、壁の内部から床下に至るまで、家の中を縦横無尽に走り回ることができる。明治以前に毛皮用として東南アジアや中国などから持ち込まれ野生化した外来種との説が有力だが、諸説ありはっきりしない。

ハクビシンの被害 もともとは樹洞(木にできた洞窟状の空間)などで休息、繁殖をしていたが、次第に人に慣れ人家、神社仏閣、倉庫の屋根裏などに侵入するようになったと言われる。最初に侵入された時、天井を走り回ることによる騒音被害などから始まることが多い。その後、休息場所として安心すると、屋根裏にある断熱材や木屑等が引きちぎられ、ベッド作り、繁殖へと至る。衛生面では、糞尿や抜け毛などによる汚染。2次的に雑菌、ノミ、ダニやウジなどが増殖する。

ハクビシンの捕獲、駆除方法 1. ワナを設置してハクビシンを捕獲する又は追い出す。
2. 糞尿の掃除・除去や消毒を行います。
3. 進入経路となる隙間をふさぐ。

駆除のご依頼

  • お問い合わせ
  • お電話

相談料無料!!